充実のカーライフを応援! | 大手3社カーシェアリング比較

カーシェアリングとは

定義

カーシェアリング(carsharing)とは、一般に登録を行った会員間で特定の自動車を共同使用するサービスもしくははシステムのことです。自動車を借りるという面ではレンタカーと近い存在ですが、一般にレンタカーよりもごく短時間の利用を想定しており、利用者にとってはレンタカーよりも便利で安価になるように設定されていることが多いようです。

 

サービス概要

カーシェアリングはあらかじめ利用者として登録した会員に対してのみ自動車が貸し出されます。 利用時間の単位は10分から1日単位まで必ずしも一定しませんが、一般に、レンタカーよりも短時間の利用時間単位が設定されています。

 

普及状況

公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団による2014年1月の調査では、わが国のカーシェアリング車両ステーション数は7,568カ所(前年比34%増)、車両台数は12,373台(同40%増)、会員数は465,280人(同61%増)と、引き続き増加しています。

 

普及したきっかけ

ここ数年、ライフスタイルの変化により、若者の車に対する意識が変化してきました。
1990年代までは、若者の遊びは、車に乗ってスキーやキャンプに出かけることが流行でした。
近年は、車よりも、パソコンやスマートフォンにお金をかける人が増えてきました。
景気が悪化し、賃金が減少する一方、車自体の価格も高くなり、若者の車離れがますます進みました。
購入費もそうですが、増税も重なり固定費が高い車を、個人で維持することが難しくなってきています。
また、近年のエコブームもあり、エネルギーを無駄遣いしていると思われている車の位置づけが変化してきています。
ここ数年、個人や企業がモノ・時間などを効率的に貸したり交換したりする「シェアリングエコノミー」が広がりを見せています。
家賃の高い都内では「シェアハウス」という広いマンションを借りて、知人・友人と一緒に住むことがはやっています。
高いものをシェアしてコストを下げようというが「シェア」という考え方です。
その一つの方法として普及したのが車をシェアしてコストを抑える「カーシェアリング」です。

 

カーシェアリングの申し込みは、大手3社カーシェアリング比較