充実のカーライフを応援! | 大手3社カーシェアリング比較

カーシェアリングの利点・欠点

利点

節約できる

利用者にとってのメリットのひとつは自動車を使用する費用が安く済むことです。自動車を自己所有する場合、取得価格が高額である上、自動車取得税、自動車税または軽自動車税、自動車重量税、駐車場代、自賠責保険代、自動車保険代、車検代、整備費用、そしてそれぞれの消費税など、特に日本においては、所有するだけで相当の固定費が所有者にのしかかってきます。このような諸費用を払いつつ自動車を所有したとしても、「車社会」の地域に在住している場合を除けば実際に使用するのはせいぜい1日数時間程度にとどまり、稼働率が低い状況となります。
カーシェアリングを利用すれば、車の固定費を節約することができます。

 

借りやすい

レンタカーと比べると、受付で説明を受けたりする必要がないので、わずらわしさがなく、借りやすいです。

 

欠点

清潔でない

レンタカーと比べると、きれいに維持管理されているとは言えません。前のユーザーが汚い使い方をした場合は、汚い状態で使うこともあります。ネット上では、ゴミが落ちてたり、空き缶が後部座席に転がっていたこともあるという情報も見られます。

 

喫煙不可

カーシェアリングは全車「禁煙」なので、喫煙しながら運転したい人には向いていません。

 

ペット不可?

タイムズカープラスの場合、以下のような記述があります。
タイムズカープラス車両はペットをケージに入れていただきご同乗いただくルールとしておりますが、当該ルールをお守りいただけない会員様が見受けられ、結果として緊急にペットの毛を清掃するために車両のご予約受付を停止するなど、他の会員様にご迷惑をおかけする事態が発生しております。
併せて、動物アレルギーの方への配慮の観点からも、やむを得ずペットの同乗を禁止とさせていただくこととなりました。

 

所有感がない

大手のカーシェアリング会社では、提供される車は大衆車・コンパクトカーに限られています。日本の現行法令上は、「自動車の利用の対価として金銭を支払う」場合はレンタカーと同様の扱いとされ、カーシェアリングで使用される車両はレンタカーに用いられるものと同様、「わ(れ)」ナンバーとなります。車種を選ぶことができないので、車種にこだわりを持つ人には向いていません。また、車を買うこと、持つことを一種のステータスと考える人にとっては、所有感が得られないカーシェアリングは向いていません。

 

カーシェアリングの申し込みは、大手3社カーシェアリング比較