充実のカーライフを応援! | 大手3社カーシェアリング比較

カーシェアリングの歴史

スイスで発祥

カーシェアリングの考え方や仕組みはもともとスイスが発祥といわれています。1970代のスイスで、都心で車がもてない住人が、郊外に共同で車を所有しはじめました。1970年代、大量の車両が都心に流入したことで、行政主導で大規模な車両流入規制を行いました。1987年、クルマが必要な住民らは都心では車が持てないため郊外に共同で車を持ち始めました。これがカーシェアリングの始まりといわれており、その後、この協同組合形式でクルマを共有する仕組がスイス全土に広まり、複数の組合が併存しながら会員を増やしていった結果、1997年には車両760台、会員1万7400人まで急増しました。

 

欧米に普及

スイスでカーシェアリングが普及・成長するのを追うように、ドイツやイギリスなど、ヨーロッパ各地でもカーシェアリングが広がり、やがて、自動車大国のアメリカや日本にも広まってきました。スイスでカーシェアリングが普及・成長するのを追うように、ドイツやイギリスなど、ヨーロッパ各地でもカーシェアリングが広がり、やがて、自動車大国のアメリカや日本にも広まってきました。

 

日本に普及

日本で初めてカーシェアリングを法人として営業したのは1988年に株式会社シーズです。 しかし、その後カーシェアリングは長らく普及せず、日本で本格的に事業化されたのは近年になってからです。
1999年から横浜市や京都市、東京都内の複数の自治体などで実証実験が行われました。
近年になってから、レンタカーを取り扱う業者、駐車場を事業とする業者などがカーシェアリング事業に参入し、シェアの獲得を図るべく活動している状況にあります。

 

カーシェアリングの申し込みは、大手3社カーシェアリング比較