充実のカーライフを応援! | 大手3社カーシェアリング比較

レンタカーとの違い

法的違い

レンタカーは、自動車を有料で貸し出す事業、または貸し出された自動車のことです。
日本に於けるレンタカー事業は、道路運送法第80条、同法施行規則第52条の規定、及び運輸支局長の定める「自家用自動車の有償貸渡しの許可基準」に基づく許可を受け、営業を行っています。
日本の現行法令上は、「自動車の利用の対価として金銭を支払う」場合はレンタカーと同様の扱いとされています。
すなわち、法的にはレンタカーもカーシェアリングも同じとされています。

 

サービスの違い

レンタカーは不特定多数が利用するシステムですが、カーシェアリングはあらかじめ利用者として登録した会員に対してのみ自動車が貸し出されます。 利用時間の単位は10分から1日単位まで必ずしも一定していませんが、一般に、レンタカーよりも短時間(短期間)の利用時間単位が設定されています。

 

利用料金の違い

一般に、短時間で比較した場合はレンタカーより割安となり、半日・一日という単位ではレンタカーのほうが割安となるように設定されています。ただし、カーシェアリングでも、6時間・半日・1日などを単位として割安なパック料金が用意されている場合もあり、経済性は会員プラン・料金プランごとに比較を行う必要があります。

 

 

 

カーシェアリングの申し込みは、大手3社カーシェアリング比較